【きょうのセール情報】Amazonタイムセールで、1,000円台のアルコール対応・ミスト噴射を持続できるスプレーボトルや600円台の巻取り式・3本固定ケーブルクリップがお買い得に

    Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール。本日2020年4月9日は、1,000円台のアルコール対応・ミスト噴射を持続できるスプレーボトルや600円台の巻取り式・3本固定ケーブルクリップなど、今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登場しています。
    Categories: PRODUCT

    マスクにLEDディスプレイを忍ばせて。どんなメッセージにしようかな…

    Image:LumenCouture/YouTube絵や文字が動きます!日本は以前からずっとですが、今や新型コロナウイルスのせいで、海外でも医療用マスクを常用するのが当たり前になりました。でも「どうせ着けるなら面白いことをしよう!」と考える人もいるようで、布の内側にLEDディスプレイを仕込んだ女性が登場しました。この方は、Oculusにてプロダクトデザインマネージャーを勤めるChelseaKluk
    Categories: PRODUCT

    ニューヨーク市、ポルノ荒らしとセキュリティの懸念からZoomでの遠隔授業を禁止

    Image:Pixabay便利が裏目に!ここ数週間で利用する人が急激に増えた便利なビデオ会議アプリZoomですが、セキュリティの問題点が指摘されています。「Zoom爆弾」と呼ばれる会議に乱入してきて暴言を吐いたり、露出行為を行なう人などが現れてきたことを受け、ニューヨーク市では学校の使用を許可しないことになりました。ニューヨーク市長は「生徒のプライバシーは個人情報をリスクにさらすようなことはしない

    ニューヨーク市、ポルノ荒らしとセキュリティの懸念からZoomでの遠隔授業を禁止

    Image:Pixabay便利が裏目に!ここ数週間で利用する人が急激に増えた便利なビデオ会議アプリZoomですが、セキュリティの問題点が指摘されています。「Zoom爆弾」と呼ばれる会議に乱入してきて暴言を吐いたり、露出行為を行なう人などが現れてきたことを受け、ニューヨーク市では学校の使用を許可しないことになりました。ニューヨーク市長は「生徒のプライバシーは個人情報をリスクにさらすようなことはしない

    ありがたい。朝日新聞デジタルが記事を原則無料で公開

    Image:朝日新聞デジタルたいへん助かります。朝日新聞デジタルは、政府による緊急事態宣言の発令を受けて、掲載記事を原則無料で公開しています。通常朝日新聞デジタルは、無料会員になると天気・災害情報やスポーツの結果速報、社説などが全文読めるほか、一日1本まで有料記事を読むことが可能。有料記事を読むには有料会員になる必要があります。月額980円(税込)で月300本、その他デジタル記事全部を読みたい場合
    Categories: NEWS

    ありがたい。朝日新聞デジタルが記事を原則無料で公開

    Image:朝日新聞デジタルたいへん助かります。朝日新聞デジタルは、政府による緊急事態宣言の発令を受けて、掲載記事を原則無料で公開しています。通常朝日新聞デジタルは、無料会員になると天気・災害情報やスポーツの結果速報、社説などが全文読めるほか、一日1本まで有料記事を読むことが可能。有料記事を読むには有料会員になる必要があります。月額980円(税込)で月300本、その他デジタル記事全部を読みたい場合
    Categories: NEWS

    これ文房具じゃなくカメラです。キヤノンが作り出した「カメラっぽくないカメラ」たち

    Allphotos:ささきたかしカメラの可能性って∞。先日のある日、キヤノンさんからCP+2020で展示するはずだったコンセプトカメラを見せてもらえると聞きまして。それはめちゃくちゃおもしろそう!ということで、行ってきましたよ。その模様をご覧ください。なんと!会議室を入るとキヤノンの方々がお揃いのTシャツを着てお出迎え!どうやらCP+2020の展示ブースをイメージして、我々を迎え入れてくれたようで
    Categories: PRODUCT

    ロックダウンでスタートする完全監視社会? ロシア・モスクワの場合

    Image:TristanFewings/特派員/GettyImagesEurope緊急事態ではあるのだけれど…。新型コロナウイルスの感染問題に歯止めがかかりません。それはロシアでも同じようで、すでに数千人の感染者が報告され、日に日に増加しています。モスクワには厳しい外出制限が課され、いわゆるロックダウン状態が続いているらしいのですが、なんだか心配な規制の実態も明らかになってきています。感染者の行
    Categories: NEWS