家族とケンカせずに在宅勤務するコツ

    Image:Gettyimages備えあれば憂いなし。もう何年も在宅勤務を続けているというWirecutter(fromTheNewYorkTimes)ライターのMelaniePinolaが、在宅勤務のコツについて紹介しています。個人的に印象的だったのは、仕事がある日でも小さな子どもと遊ぶ予定を1時間組んでおくという項目。そのほかにも家族やルームメイト、同居パートナーと些細なことで揉めて後悔する前
    Categories: LIFESTYLE

    家族とケンカせずに在宅勤務するコツ

    Image:Gettyimages備えあれば憂いなし。もう何年も在宅勤務を続けているというWirecutter(fromTheNewYorkTimes)ライターのMelaniePinolaが、在宅勤務のコツについて紹介しています。個人的に印象的だったのは、仕事がある日でも小さな子どもと遊ぶ予定を1時間組んでおくという項目。そのほかにも家族やルームメイト、同居パートナーと些細なことで揉めて後悔する前
    Categories: LIFESTYLE

    あなたのパソコンを快速にする5ステップ

    Photo:DanielKorpai(Unsplash)重いなら、荷物を減らせばいいってこと。使用年数が長くなると、パソコンの動作は徐々に重くなっていきますよね。時とともにローカルのストレージはガラクタ(と、重要なファイル)で埋め尽くされ、アプリもパンパンで息切れ状態に。だからといって、「新品じゃあるまいし、仕方ないか」と諦める必要はありません!パソコンの動きを早くするのは、意外と簡単かも。そこで
    Categories: LIFESTYLE

    あなたのパソコンを快速にする5ステップ

    Photo:DanielKorpai(Unsplash)重いなら、荷物を減らせばいいってこと。使用年数が長くなると、パソコンの動作は徐々に重くなっていきますよね。時とともにローカルのストレージはガラクタ(と、重要なファイル)で埋め尽くされ、アプリもパンパンで息切れ状態に。だからといって、「新品じゃあるまいし、仕方ないか」と諦める必要はありません!パソコンの動きを早くするのは、意外と簡単かも。そこで
    Categories: LIFESTYLE

    高機能だから差しやすい!オシャレでおすすめの傘3選

    高機能でおしゃれな傘を3点をご紹介。斬新なデザインが印象的なCARRY UMBRELLAの「CARRY saKASA(キャリーサカサ) CityModel」、人気アウトドアブランド・スノーピークの「アンブレラUL」、柴田文江さんがデザインした「+TIC プラスチック 長傘」です。
    Categories: LIFESTYLE

    高機能だから差しやすい!オシャレでおすすめの傘3選

    高機能でおしゃれな傘を3点をご紹介。斬新なデザインが印象的なCARRY UMBRELLAの「CARRY saKASA(キャリーサカサ) CityModel」、人気アウトドアブランド・スノーピークの「アンブレラUL」、柴田文江さんがデザインした「+TIC プラスチック 長傘」です。
    Categories: LIFESTYLE

    元アップルとNASAのエンジニアがリスのために「サスケ」を作った

    Image:MarkRober/YouTubeリスをみくびっていた。コロナの自粛中にDIYが無茶苦茶流行ったそうですね。かく言う我が家も、父が鳥の巣箱を庭に設置しました。まだまだ空っぽの巣箱ですが、近い将来小鳥が見られるとといいなと楽しみにしています。でも、鳥を愛でたいと思っても、なかなかうまくいかない人も。Cnetによると、鳥の餌やり機を買ったはいいけれど、期待に反してリスが餌を食べてしまい困っ
    Categories: LIFESTYLE

    医療用マスクの進化を振り返る。マスクの歴史は疫病と人間の闘いの歴史だった

    Image:WellcomeCollection|鳥…ではなく、17世紀、ペスト対策用防護服に身を包む医師。フェイスシールドも「ちょっと変わったマスク」かも。もしも、今が17世紀のナポリだったとしたら、世の中は今よりさらに深刻な状態だったでしょう。1656年、ナポリではペスト(別名、黒死病)が大流行しました。ナポリだけでおよそ30万人が亡くなったと推定されています。もし運が悪ければ、あなたもペスト
    Categories: LIFESTYLE

    医療用マスクの進化を振り返る。マスクの歴史は疫病と人間の闘いの歴史だった

    Image:WellcomeCollection|鳥…ではなく、17世紀、ペスト対策用防護服に身を包む医師。フェイスシールドも「ちょっと変わったマスク」かも。もしも、今が17世紀のナポリだったとしたら、世の中は今よりさらに深刻な状態だったでしょう。1656年、ナポリではペスト(別名、黒死病)が大流行しました。ナポリだけでおよそ30万人が亡くなったと推定されています。もし運が悪ければ、あなたもペスト
    Categories: LIFESTYLE